社会福祉法人麦の子会 むぎのこ

家族支援

他支援機関への支援

他の児童発達支援事業所や、幼稚園、保育園などの子どもの教育機関、支援機関に対して、専門の職員を派遣します。
発達の専門的な観点から、発達の評価、アセスメント、保護者の相談、支援技術や方法のアドバイスなどを行います。
「障がい児等療育支援事業」「保育所等訪問支援事業」の制度に基づいています。

他支援機関・教育機関との連携

むぎのこに通うお子さんが、むぎのこ以外に地域の保育所や幼稚園に通う場合もあります。
もちろんその場合には、その機関と情報の共有等の連携をはかり、地域全体での支援という視点を大切にしています。



他相談機関との連携

当法人では相談支援の事業所として「相談室セーボネス」という相談事業を運営しています。
お子さんのみならず、ご家族全体が困難を抱えている場合や、公的機関への手続きややりとりが難しい等の場合に、制度の説明や受給の相談、公的機関との手続きへの同伴などをおこなっています。
こういった各種の相談機関とも連携をとりながら、お子さんへの支援を多層的に行います。

地域の発達支援体制の充実

発達に心配のあるお子さんへのニーズは、年々増えている傾向にあります。
しかしそれに反して札幌市を見ただけでもまだまだ、地域で重層的に支援していく仕組みの整備は不十分です。
麦の子会ではこれまでの支援の積み重ねや、経験を生かしながら地域とより連携し、支援体制が仕組みとしてよりよい方向へ向かうように働きかけていきます。

トップへ戻る