社会福祉法人麦の子会 むぎのこ

沿革

社会福祉法人麦の子会の沿革

1982年(昭和57年)

7月

・通園施設設立準備委員会発足。

1983年(昭和58年)

4月

・名称を「麦の子学園」とし、札幌元町教会会堂を借用して開園(入園児5名)。

1994年(平成6年)

4月

・社会福祉法人設立認可準備委員会発足。

1996年(平成8年)

1月

・社会福祉法人麦の子会認可。

4月

・児童福祉法法定通園施設むぎのこ
(併設:札幌市心身障害児通園施設むぎのこ・札幌市心身障害児通園事業)を開園。

2003年(平成15年)

4月

・知的障害者通所更生施設ジャンプレッツを開設。
・知的障害者短期入所事業ジャンプレッツを併設。
・児童短期入所事業むぎのこを開設。
・児童ディサービス事業むぎのこを開設。
・児童ディサービスジャンプレッツを開設。
・むぎのこ発達クリニックを開設。
・法人に評議員会を設置。

7月

・居宅介護事業むぎのこを開設。

9月

・知的障害者地域生活援助事業所ホワイトハウスを開設。

2004年(平成16年)

9月

・知的障害者地域生活援助事業所マーガレットを開設。
・知的障害者地域生活援助事業所アークⅠを開設。

12月

・ジャンプレッツの作業室として、スワンカフェアンドベーカリー札幌時計台店を開店。

2006年(平成18年)

10月

・児童ディサービス事業むぎのこを開設。
・ショートステイホームむぎのこを開設。
・日中一時支援事業むぎのこの開設。
・地域療育等支援事業むぎのこ(後の相談室セーボネス)を開設。
・障害者自立支援法により、3ケ所の知的障害者地域生活援助事業所は、
 「一体型(共同生活介護、共同生活援助)ホワイトハウス」事業の
 住居ホワイトハウス・マーガレット・アークⅠとなる。
・制度改変のため、
 児童短期入所事業むぎのこ・短期入所事業ジャンプレッツを廃止する。

2007年(平成19年)

10月

・ホワイトハウスの新住居として「イーラット」を開設。

12月

・児童ディサービス プレイを開設。

2008年(平成20年)

4月

・児童ディサービス シーランチを開設。

2009年(平成21年)

3月

・知的障害者通所更生施設ジャンプレッツから、
 新法による生活介護・就労継続支援の多機能型ジャンプレッツへと移行する。

4月

・児童ディサービス ヨシアを開設。
・児童ディサービス ヨシアを開設。
・アークⅠ・Ⅱを合体し、アークとする。

8月

・ホワイトハウスの新住居としてダニエルを開設。

2010年(平成22年)

4月

・児童デイサービス チェリーブロッサムを開設。
・児童デイサービス ライオンを開設。
・児童デイサービス セーボネスを開設。
・ホワイトハウスの新住居オリーブを開設。

5月

・ショートステイホーム ピースを開設。

2011年(平成23年)

4月

・児童デイサービス スタデイを開設。
・日中一時支援事業ヨシアを開設。

5月

・日中一時支援事業 スタデイを開設。

トップへ戻る