社会福祉法人麦の子会 むぎのこ

むぎのこの概要

「むぎのこ」のいわれ

聖書にある「一粒の麦」の譬え話の中から。 そして、踏まれれば踏まれるほど強く成長する麦のように、子どもたちが未来に向けて、豊かに伸びていくことができるようにとの願いがこめられています。

むぎのことは

むぎのこは、発達に心配のある就学前のお子さんに対して、発達の支援を専門的に行う施設です。平成24年度の児童福祉法その他の法律の改変によって、「知的障害児通園施設」から「児童発達支援センター」に事業名称が変わりました。
運営母体は社会福祉法人麦の子会で、発達に心配のあるお子さん、知的障害のある方を主に支援を行っています。
1983年に大学生4人で創設した無認可施設としてスタートし、その13年後の1996年に社会福祉法人麦の子会として認可を受けました。現在にいたるまで事業の種類や数も大幅に増えましたが、現在も麦の子会の支援の拠点として、障害や困難を抱えたお子さんやご家族のサポートを行っています。

むぎのこの概要

施設名称
むぎのこ児童発達支援センター
所在地
札幌市東区北36条東8丁目1-30
電話/Fax
電話:011-753-6468/Fax:011-753-6469
開設
1996年:通園施設むぎのこ開設
2012年:法改正により児童発達支援センター化
定員
47名
療育内容
主に母子通園、集団療育
むぎのこの概要

法人概要

名称
社会福祉法人麦の子会
設立年月日
1996年4月1日
理事長
田村元
職員数
約260名
運営事業
児童発達支援センター 児童発達支援 放課後等デイサービス 生活介護事業 就労移行支援事業
生活介護事業 短期入所事業 居宅介護事業 行動援護事業 移動支援事業 共同生活介護事業
共同生活援助事業 相談支援事業

トップへ戻る